熱交換器のメカニズム

熱交換器は、温度が高い空気を温度が低い空気に熱を伝える装置のことになります。

熱交換器について詳しく書かれています。

もっと快適に家の中の生活を過ごすためには導入しておきたい換気設備となっています。
熱交換とは、換気をするとき、外の空気の熱と、部屋の中の空気の熱を、熱交換器の内部で中和させることによって程よい温度の空気を取り入ることができるという方法になります。


夏のシーズンであれば、部屋の中から排気される冷たい空気を使って、入ってくる外の空気を冷やすことができ、冬のシーズンであれば、部屋の暖まった排気を使って、外の冷たい空気を暖めることができます。
熱交換器の効率は、およそ50パーセントから60パーセントぐらいとなっています。そのため、外の温度が、およそ36度ぐらいで、部屋の温度がおよそ20度ぐらいである場合は、熱交換器を介して入ってくる空気の温度は、およそ29度ぐらいになって入ってくることになります。

直接外の空気が入ってくるよりも暖房や、冷房に対して省エネルギーな空気が部屋に入ってくることになります。入ってくる空気の熱と、排出する空気の熱を交換しているので熱交換と呼ばれる訳になります。

YOMIURI ONLINE情報が手に入ります。

高気密高断熱住宅であることが前提となっていますが、全館空調にするときでも、個別空調にするときでも、換気する方式に熱交換器を導入することによって、部屋の中の温度や、湿度を一定の状態に維持することが可能となり、健康的に生活を過ごすことができるようになるというメリットがあります。