熱交換器を導入するメリット

熱交換器を導入すると、外の空気が部屋の温度に近い状態で入ってくるので快適に過ごすことができるというメリットがあります。中でも冬のシーズンには、およそ20度ぐらいに部屋を暖めたとしても、およそ0度ぐらいの空気が給気口から入ってくると、寒くて不快な状態になってしまいます。

熱交換器を導入すると、この不快感が解消されることになります。室内に給気口から冷たい空気が入ってくると閉めてしまいたくなりますが、給気口を閉めてしまうと、空気を換気できる量が減って汚れてきてしまいます。

そして、寝室などについては、家族が数人で寝ていると、部屋の中の二酸化炭素の濃度が、基準値より高くなってしまうことが良く起こります。

熱交換器情報をお教えします。

換気をすることに対してストレスが感じないという点は、熱交換器を導入することの大きいメリットの一つとなります。

朝日新聞デジタルの新しい情報です。

全熱交換機を導入したときには、部屋の湿度と、外の湿度を交換することができるので、乾燥し過ぎている外の空気が部屋に直接入ってくることはありません。内壁に使う素材を珪藻土にすると湿度を調整できる機能がありますが、内壁による湿度を調整する効力は、あくまでも一時的なものになります。



空気が乾燥する日が続く冬のシーズンや、雨の日が続き湿度が高くなる梅雨のシーズンは、珪藻土による湿度を調整する機能は失われてしまいます。
デザインや、手触りが良いという理由で珪藻土を取り入れるのは問題ありませんが、湿度を調整する機能の面だけを考慮すると、全熱交換機を取り入れることが最も確実な方法あるということができます。